冬の名勝!秩父三大氷柱撮影会(2022年1月29日土曜日)


 氷柱(つらら)でイメージしやすいのは家の軒先に垂れ下がるものですが、まるで氷の神殿のような巨大な氷柱を埼玉県秩父エリアでは見ることができます。

氷柱が織りなす秩父の絶景スポットは「秩父三大氷柱(ひょうちゅう)」と呼ばれており、「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」、「あしがくぼの氷柱(ひょうちゅう)」、「尾ノ内氷柱(おのうちひょうちゅう)」の総称です。

 秩父エリアは埼玉県の西部に位置する山に囲まれた自然豊かな場所。盆地のため1日の寒暖の差が大きい土地で、氷柱ができる条件に適した土地です。

3つの氷柱のうち、「三十槌の氷柱」は天然でできたもの、「尾ノ内氷柱」と「あしがくぼの氷柱」は人工のものですが、地形や気候をうまく利用し作られた氷柱は人工とは思えず、実にフォトジェニックです。

 

 「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」は、岩清水が凍り作り上げられる氷の芸術です。寒さが厳しくなっていくと徐々にその姿を現していきます。なんと、高さは10メートル、幅は50メートルもある天然の氷柱です。夜にはライトアップが行われ、幻想的な風景を楽しむことができます。

 

 「あしがくぼの氷柱」は、人口の氷柱ですがその姿は、アナと雪の女王の氷の世界に迷い込んだような神秘的な光景です。幅200m、高さ30mに及ぶ重厚な「荘厳な氷柱」は山の斜面全体が氷柱に覆われており、圧巻!

また会場のすぐ隣は西武秩父線が走っており、電車と氷柱のコラボは写真におさめたくなります。電車好き必見!


 せっかく埼玉の山奥まで行くので「秩父名物わらじかつ丼」も楽しんでみます。

 

日程
 2022129日(土)

 

スケジュール
 1030 池袋のレンタカー屋さん出発

 1230 道の駅ちちぶで『秩父名物わらじかつ丼』ランチ
(私はお肉が苦手なので食べません)
 1330 道の駅ちちぶ出発
 1350 あしがくぼの氷柱撮影会
 1530 あしがくぼの氷柱出発
 1700 三十槌の氷柱撮影会開始
 1830 三十槌の氷柱出発
 2100 池袋のレンタカー屋さん到着・解散
 2110 有志で懇親会
※ スケジュールは適当です。大幅に変更になる場合があります。

 

費用
・交通費:3,300円前後(レンタカー代、高速代、ガス代、駐車場代含む割り勘です。)

・三十槌の氷柱環境整備協力金:200

・あしがくぼの氷柱:400円★16時まで横瀬町産紅茶又は甘酒を数量限定無料配布。

※東京写真サークルは「運営費・参加費」と称する使途不明金は徴収いたしません。

 

募集人数
 先着順男女各10
 ※希望者が多いようであれば増枠するかもしれません。あきらめずお名前を入れておいてください。
 下記、募集人数には特別優先枠含みます。
 ◆ドライバー優先枠(運転歴2年以上。ペーパードライバー、自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある持病のある方は不可。基本ハイエースです。)
 ◆1月生まれ優先枠男女各1名(計2名)含む。もちろん一般枠でも入れます。
 ◆初参加~3回目くらいの参加者優先枠男女各3名(計6名)含む。もちろん一般枠でも入れます。

 

 

 

その他
 ・当たり前ですが、氷柱が出来るくらいですので気温は氷点下です。あたたかい服装をお勧めします。
 ・氷柱までの道のりはところどころ凍っています。歩きやすい靴をお勧めします。
 ・氷柱は、三脚があると綺麗に撮影できます。三脚が無くても撮れます。