大谷資料館撮影会2019


あ~、あつ~い!涼しいところ行きた~い!ということで涼しい所で撮影会をします。

 栃木県では大谷石(おおやいし)が古くから盛んに採掘され、石蔵や建築物の外壁、プラットホーム、石垣や階段、門柱などに利用されてきました。
 また、東京の旧帝国ホテル建設(1922年)にも大谷石が使用されたことで知られています。現在、地下採掘場跡が資料館として公開され、通坑内を観覧することができます。
 広さ2、深さ30m、野球場が丸々1個入ってしまう広さの巨大地下空間はまさに非日常!そのフォトジェニック空間はコンサートや地下の教会、イベントスペースとしても利用されています。また沢山のPV・映画・CMなどの撮影で使用されています。(HP参照)

 残暑の気温35℃の世界から8°Cの世界で神秘的な巨大建造物を撮影してみませんか。

 

■開催日程:2019915日(日)

■スケジュール
 1000 都内レンタカー屋さん出発(集合じゃないよ。出発だよ。)
 1130 佐野SAで昼食
 1230 大谷資料館、大谷景観公園撮影開始
 1600 大谷資料館、大谷景観公園出発
      途中の蓮田SAでトイレ休憩
 1830 レンタカー屋さん到着予定・解散
 1845 有志で懇親会
 2045 適当に解散
 ※スケジュールは変更になる場合があります。

■定員
 先着順男女各10名(計20名)
 ※希望者が多いようであれば増枠するかもしれません。あきらめずお名前を入れておいてください。

 下記、特別優先枠含みます。
 〇ドライバー優先枠23名含む。(運転歴2年以上。ペーパードライバー、自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある持病のある方は不可。基本ハイエースです。)
 〇9月生まれ優先枠男女各1名(計2名)含む。一般枠でも入れます。
 〇初参加~4回目くらいの参加者優先枠男女各4名(計8名)一般枠でも入れます。


■費用
 ・大谷資料館入館料・大人800円(20名で団体料金で700円)
 ・交通費:2,900円前後(レンタカー代・ガソリン代・高速代含む割り勘です)


■大谷資料館からの注意事項
 
貸出用ブランケットをご用意しておりますが、枚数に限りがございますので、上着をご持参ください。(3月くらいの気温です。)
 
許可なく2時間以上にわたる撮影と、三脚や自撮り棒などの撮影用器具を使用しての撮影と、階段と踊り場や狭い通路で立ち止まっての撮影を禁止とさせていただきます。
 
地下坑内での飲食は禁止です。さらに飲酒をされたお客様の入館は原則としてできません。万一の事故・怪我などの責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

大谷資料館webサイト

 

http://www.oya909.co.jp/