旧古河庭園バラと洋館と日本庭園ライトアップ撮影会

旧古河庭園は、約100199株ものバラが華やかに咲き誇る洋風庭園と重厚な洋館、そして京都の著名な庭師、七代目小川治兵衛(おがわじへい)作庭の日本庭園を贅沢に味わうことができる、都内でも貴重な庭園です。
 春バラの見ごろの時期に合わせて開催している「春のバラフェスティバル」は、今年で17回目を迎えます。イベント期間中は、「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」等、イベントを盛りだくさん。夜空に浮かび上がるロマンチックな洋館とバラに包まれた庭園は言葉では言い表せないほど。感動のあまりしばらくその場で佇んでしまう人も。バラの香りに包まれながら、優雅なひと時ともに写真におさめてみませんか。

 

土日は、人が多いので狙い目は平日です。

「行きたいけど仕事が・・・。」 はぁ?有給取れ。自由に有給も取れないようなブラック企業なら辞めちまえ!

 

日程 2018518日(金)

スケジュール
 1840くらい 旧古河庭園集合・軽く自己紹介
 1900くらい 撮影会開始
 2040    撮影会終了・解散
 2100    有志で懇親会(池袋か上野)
 2300    適当に解散

 みなさんお仕事が忙しいと思うので遅刻しても大丈夫です。とはいえ最終入園時間は【2030分】です。ライトアップは21時までです。

定員
 先着順男女各15名(合計30名)
 ※ 5月生まれお誕生月優先枠男女各1名(計2名)含む
 ※初参加~2回目くらいの参加者優先枠男女各1(2)含む

平日の夜に何人くらい来るかわかりませんが、キャンセル待ちが多そうなら気分次第で増枠します。諦めずにお名前を入れておいてください。


募集開始日時
 2018514日(月)22
  スケジュール調整サービス伝助のURLを載せます。そこに参加表明してください。
 「伝助って何?」という方は使い方をよく読んでおいてください。
 「天候悪いからやっぱり行かない」っていう人じゃなくて「曇りでも行く」という人であってください。わりとキャンセル待ちの方への確認が面倒です。
 伝助でキャンセル待ち状態の方は、撮影会当日の予定が埋まりましたら速やかにキャンセル待ちの名前を削除してください。わりとキャンセル待ちの方への確認が面倒です。

みなさん大人なので忖度してください。わりとキャンセル待ちの方への確認が面倒です
 
 懇親会の会場所は予約しておきたいので懇親会参加希望の方は伝助で「〇」してください。
 会費は、「男性73女性」のような感じです。

「伝助って何?」という方は使い方をよく読んでおいてください。

懇親会参加締め切り日
 2017515日(火)くらい

入園料
 一般150
20名以上の団体料金:一般120円)

■見どころ

◆バラ園
洋館まわりの上段のバラ園では広がるバラの花々を。
下段のバラ園では、その日、一番見頃を迎えたバラに光をあて、闇に浮かび上がるバラの表情を見せています。

◆日本庭園
瑞々しい新緑や庭石。
滝から渓谷、大海(池泉)へと流れ行く水のゆらぎ。
陽が落ちた後、陰の中に息づく夜の日本庭園の様々な表情をお楽しみください。


◆兜門付近の竹あかり
旧古河庭園完成100年を飾る竹あかり。
節を増やし成長していく竹に時を重ね、そこに流れるような大小無数の穴を開け、灯りを灯すことで、100年という悠久の時の流れを表現しています。

※竹あかりとは、
竹林整備が追いつかず問題となっている「竹害」に取り組もうと、熊本で生まれた作品です。
竹を切り、穴を開け、あかりを灯す。そして使い終わった竹は土に還る。
この優しい循環が、この旧古河庭園を後世に残していく触媒となりますように。