水元公園・メタセコイアの森撮影会〜時空を超える森〜(2022年12月10日土曜日)


小合溜(こあいだめ)という池を中心とした都内最大の水郷公園である水元公園。公園の一角には「メタセコイアの森」エリアがあり、その名にふさわしく関東最大級なんと約1,800本ものメタセコイアが立ち並び、周囲をオレンジ色に染め上げます。メタセコイアはヒノキ科の針葉樹で250万年前の化石が昭和14年に日本で発見され発見者の三木茂氏により"メタセコイア"と名付けられた日本に所縁の深い樹木です。

 池の対岸からメタセコイアの森を見ると「ホントにここは東京なの?え、北欧じゃないの?」と錯覚してしまいそうなほどの風景が目の前に広がります。森の中に足を一歩踏み入れればメルヘンチックなその雰囲気はまるで子供のころ枕もとで読み聞かせてもらった童話の世界に迷い込んだような感覚になります。森から空を見上げれば秋の青空とレンガ色のコントラストがきれいなメタセコイアの万華鏡が見られます。

 気軽にヨーロッパ旅行ができない今だからこそ都内にあるメタセコイアの森をぜひ写真におさめてみませんか?

 運が良ければ野生のたぬきに会えます。

 

■日程
2021
1210日(土)
※雨天中止

 

■スケジュール
12
55 都内某所集合
16
28 日没
17
00 解散
17
30 有志で懇親会
20
30 適当に解散
※スケジュールは適当です。大幅に変更になる場合があります。

 

■定員
 先着順男女各7
 ※希望者が多いようであれば増枠するかもしれません。あきらめずお名前を入れておいてください。
 下記、特別優先枠含みます。
 ◆12月生まれ優先枠男女各1名(計2名)含む。もちろん一般枠でも入れます。
 ◆初参加~3回目くらいの参加者優先枠男女各4名(計8名)含む。もちろん一般枠でも入れます。

 

 

■参加費
東京写真サークルは「運営費・参加費」と称する使途不明金は徴収いたしません。